リムジンの乗務員の仕事の内容

リムジンの乗務員の仕事は、全長が長い高級車のリムジンを運転してお客様を送迎することが主な内容です。

お客様を乗せるため二種免許が必要になりますが、入社時に二種免許がなくても会社の負担で二種免許を取得できます。乗車前の車両の点検整備も行うことが必要になり、会社によっては洗車や清掃もドライバーが担当します。運転以外の仕事として、お客様にとってリムジンに乗ることは滅多にないので、目的地に到着したら乗車の記念に記念写真撮影をすることもあります。

リムジンの乗務員は接客業としての色彩が強く、パーティー会場や結婚式場にお客様を送迎する際には、スーツを着用して身だしなみをきちんと整えます。ホテルマン並みの接客マナーが要求され、外国人のお客様を送迎する際には、日常会話レベルの英会話の能力も必要になってきます。しかし、乗務員とお客様との間には電動のパーティションで仕切られているため、運転手の方からお客様に積極的に話しかけることは必要ありません。空港などにアクセスするリムジンバスの乗務員は、大型二種免許の取得が必要になります。仕事の内容は長距離バスなどの運転手と同じで、空港などの目的地までお客様を運びます。走行距離はルートによって違いがありますが、短距離から中距離がほとんどです。車両の整備は専門の整備員がいますので、運転手自身が車両の整備をする必要はありませんが、始業前点検は乗務員が行うケースが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です