ハイヤー運転手に転職する際に面接で気をつけること

ハイヤー運転手に転職を希望する場合、面接は避けては通れません。

転職活動を成功させ、無事採用されるためにはどのような点に気をつければいいでしょうか。

まず大切なのは身だしなみを整えるということです。ハイヤー運転手はお客さまに絶対に不快感を与えてはいけません。

そのためにも身なりを整え、清潔感があることが大切です。

ビジネススーツを着用して、爽やかな印象を与える髪型に。靴もきちんと磨いておきましょう。
また、態度も大切です。
面接ですので適度な緊張は問題ありませんが、はきはきと明るく質問に答える姿勢が重要です。

面接では、自己紹介、志望動機、前職の退職理由、事故歴、業界のことをどこまで知っているかといったことが聞かれます。

どうしてハイヤー運転手になりたいのか、どうしてその会社を選んだのか、志望動機は明瞭に答えられるように、事前に要点をまとめておくといいでしょう。ハイヤー転職の場合は、以前の職場の退職理由を問われることはよくあります。

以前の職場を悪く言うのは厳禁です。なるべく後ろ向きな回答はせず、ハイヤー運転手として頑張りたいという熱意に結び付けた前向きな回答をするといいでしょう。

お客さまを安全確実に送り届けることが仕事ですので、過去の事故歴について確認されることがあります。嘘をついてもばれますので、誠意をもって正直に答えましょう。

ハイヤー運転手は拘束時間が長く、歩合制のため、がんばればがんばっただけ給与に反映されますが、安定はしているとはいえません。それでも長く勤められますかといった質問をされることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です