ハイヤーに転職。ワークライフバランスも考えて

旅客運送業のドライバーに転職を考えている方に、ハイヤーの仕事について記述したいと思います。

ハイヤーとタクシーは、‘ハイタク業界’と言われるように同じ業種の仕事になります。

どちらも個別輸送機関に属しており、特定の個人を目的地に輸送するための乗り物です。

大きな違いは、タクシーは路上ですぐに乗車することが可能で、距離に応じて運賃を徴収しますが、ハイヤーは営業所に予約をしてからでしか乗れません。

料金は時間制もしくは月極めで料金をもらいます。

完全予約制であり、タクシーのようにお客様が乗車されている時間だけでなく、営業所を出てお迎えに行く時間と降ろしてから営業所に帰る時間(回送時間)も料金に含まれます。

ハイヤーの特徴としては、タクシーのような自動ドアはなく運転手が直接ドアサービスをすることです。

お客様に丁寧な印象を与えますし、降車時に後ろから来る自転車やバイクに衝突することを防ぐことにもなります。

しっかりと顔を合わせて「ありがとうございます」と言われると、気持ちがしっかり伝わりまた使いたくなるものです。

どちらに転職するのがいいか悩むところでしょう。仕事としては似ていますが働き方が全く違います。

ハイヤーはタクシーのように隔日勤務ではなく、基本的に毎日勤務します。朝早くから夜遅くまで労働時間(拘束時間)が長くなる傾向にあります。毎日会社に泊まらなければならなくなることもあります。

ハイヤーへの転職を考える時は仕事内容だけでなくワークライフバランスも考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です