ハイヤードライバーへの転職を考えているなら

ハイヤーの運転手には、転職してきた人が比較的たくさんいます。

運転経験があれば、40代、
50代からでも採用され、学歴やこれまでの職歴については厳しく問われることはないため、
転職しやすい職業であるといえるでしょう。

仕事の内容は、お客さまをお迎えにいって希望先まで送り届けることです。

ハイヤーの乗車料金は、メーターではなく、時間で決まります。また完全予約制となります。

ハイヤーの求人情報などを見ると、勤務内容として、
海外VIPの空港への送り迎えや大企業の重役専業運転手などと言ったことが書かれていますが、
ハイヤー運転手に転職していきなりこういった業務を任されることは通常はあまりありません。

まずはスポット利用のお客さまを担当し、実績と経験を積んでから、徐々に役員の担当を任されるといったコースが一般的です。

ハイヤー運転手に向いているのは、運転が好きな人、そして運転が上手な人です。

決まった時間に確実に先方をお迎えし、お届けする必要があり、また快適に過ごしていただくため、運転が下手では仕事になりません。

また、接客が苦ではなく、お客様に社内で居心地よく過ごしていただけるだけの接客マナーを身に着けていることも大切です。

これまでに接客業を経験しているのであれば、アピールになるでしょう。また、道をかなり詳しく把握しておく必要があります。まずはハイヤー部門もあるタクシー会社で一タクシー運転手の経験を積み、地理を詳しく勉強してから異動希望を出すのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です